シェアハウス―新しい住まい

住まいとは私達が生活を送る上で、非常に重要な要素となっています。どこに住むか、というのはその人の性格や行動、人生を左右すると言っても過言ではありません。しかし、現代ではそういった『住まい』に関する考え方が、昔よりは自由になっている、と言えます。それは物理的な住まいのことも、家族間の関係に関しても、同様のことが言えるでしょう。『自由になっている』ことの一つと言えば、やはり、『住み方』です。今では一家に親と子ども、または祖母や祖父、といった構成が当たり前である、ということはありません。

家族間、友人…いえ、見知らぬ人同士であっても、住居を共にする、ということがあり得ます。それを可能にしているのが、いわゆる『シェアハウス』というものです。「シェア」とは、共有する、という意味合いがある通り、まさしく住まいを共有する、という住み方です。昔ながらの生活様式に慣れている方は、違和感を持つ住み方、かもしれません。しかし現代においては、この様式が、広く受け入れられてきています。

シェアハウスに関しては、日本よりも海外の方が、広く浸透している、と言えるかもしれませんが、日本でもシェアハウスを用いる人が増加してきました。もちろんシェアハウスを選ぶということには、メリットを見出しているからなのですが、実際にシェアハウスを行う、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、シェアハウスを行うにあたって、どのような注意点があるのでしょうか。