シェアハウスの注意点とは

メリットがある反面、誰もが予想しうる注意点が、いくつかシェアハウスを利用するにあたっては、あります。まず、共有スペースの利用についてです。これについては各自が高い意識を持って管理する必要がありますが、それがおろそかになってしまうと、誰か一人の負担が大きくなってしまうということがあります。全員が協力して管理するということを守らなければいけません。

また、プライバシーの問題もあります。たとえ部屋が分かれていたとしても、誰もが同じ住居に住んでいることには間違いないのですから、そこでプライバシーの問題が発生することはあり得ます。また、防犯についても気を付けなければなりません。できるだけ共有スペースには私物を置かないようにするなど、トラブルを未然に防ぐような対策が必要となります。基本的にシェアハウスは管理会社が管理しますが、住民同士のトラブルにまで対応することは期待できません。

何よりも、個人それぞれが、シェアハウスを行うにあたってのルール等をしっかり理解しておく、ということが大切です。そういった点も『シェア』することではじめて、快適な住まいが確立されることになります。難しい点や、不安な点もあるかもしれません。

シェアハウスの特徴とは

新しい住まいの形を提案するシェアハウス、確かにそれを用いるメリットはあります。まず、シェアハウスという言葉から分かる通り、一つの家、住宅を幾人かでシェアして生活することとなります。いわゆる、共同生活です。ここで混同してしまうのが、『ルームシェア』との違いです。言葉通り、こちらは一つの部屋を共同で用いる方法です。ですから、いわゆるプライバシーがほとんどない状態、と言えます。それに対してシェアハウスは、一人一人に部屋を割り当てることができますから、この点でプライバシーは高まっていると言えます。

部屋の他、居間やキッチン、トイレや浴室など、そういった場所は共同スペースとして、用いられるようになります。また、そういった場所の掃除や管理などは、住民全員が率先して行います。そうすることによって、だれにとっても住みやすい環境を、継続していくのです。

全く知らない人と一緒に住むようになることもあるわけですから、交友の機会も増えます。同じ趣味を持った人と話に花を咲かせることができます。今まで他人と交友が苦手と感じていた方も、この機会に自分を広げてみる機会となるかもしれません。このように、シェアハウスを利用することには様々なメリットがあります。

シェアハウス―新しい住まい

住まいとは私達が生活を送る上で、非常に重要な要素となっています。どこに住むか、というのはその人の性格や行動、人生を左右すると言っても過言ではありません。しかし、現代ではそういった『住まい』に関する考え方が、昔よりは自由になっている、と言えます。それは物理的な住まいのことも、家族間の関係に関しても、同様のことが言えるでしょう。『自由になっている』ことの一つと言えば、やはり、『住み方』です。今では一家に親と子ども、または祖母や祖父、といった構成が当たり前である、ということはありません。

家族間、友人…いえ、見知らぬ人同士であっても、住居を共にする、ということがあり得ます。それを可能にしているのが、いわゆる『シェアハウス』というものです。「シェア」とは、共有する、という意味合いがある通り、まさしく住まいを共有する、という住み方です。昔ながらの生活様式に慣れている方は、違和感を持つ住み方、かもしれません。しかし現代においては、この様式が、広く受け入れられてきています。

シェアハウスに関しては、日本よりも海外の方が、広く浸透している、と言えるかもしれませんが、日本でもシェアハウスを用いる人が増加してきました。もちろんシェアハウスを選ぶということには、メリットを見出しているからなのですが、実際にシェアハウスを行う、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、シェアハウスを行うにあたって、どのような注意点があるのでしょうか。